So-net無料ブログ作成
検索選択
レポート ブログトップ
前の15件 | -

国際ロボット展2011 [レポート]

11月9日(水)~12日(土)の4日間、東京ビッグサイトで国際ロボット展2011が開催されました。国際ロボット展とは、2年に1回開催される展示会で、産業用ロボットからサービスロボットに加え、センサやアクチュエータなどの要素部品まで展示される国内最大級のロボットの展示会です。

今年も多くのロボットが展示されていましたが、前回にも増して、サービスロボットや大学のロボットの展示スペースが増え、全体の1/3程度を占めていました。逆に産業用ロボットのスペースは少し縮小された印象です。

産業用ロボットとしては、安川電機、FANUC、川崎重工、NACHI、KUKAが大型のロボットを実演していて、その動きは迫力がありました。これらの企業に加え、DENSOやヤマハ発動機が中~小型のロボットアームを川田工業がNEXTAGEを展示していました。

サービスロボットとしては、トヨタパーソナルロボットとして、片麻痺患者用歩行アシストロボット、移乗支援ロボットや、ホンダの歩行アシストロボットなど、歩行支援のためのロボットが目立ちました。また、大学を中心に災害地での探索ロボットが多かったのが印象的でした。

次回は2013年。次の2年間でロボットがどんな進化をするのでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ドラえもんの科学みらい展 [レポート]

6月12日(土)からお台場にある日本科学未来館で始まったドラえもんの科学みらい展に行ってきました。

このイベントは、ドラえもんに登場するひみつ道具について、現在の科学技術でどこまで実現できるかを紹介した企画展です。詳しい内容はここでは割愛しますが、タケコプターやガリバートンネル、透明マントなどのひみつ道具の実現に迫っていて、一部は実際に体験することもできます。私はゲットできませんでしたが、会場ではハンディ端末による音声ガイドで詳しい解説も聞けます。

残念ながら、21世紀である今の技術では、22世紀からやってきたドラえもんの技術には追いつけませんが、このままいけばと思わせる道具もありました。「ロボット」ではなく、「ひみつ道具」にフォーカスを当てたことで、まさに日本中の大学や企業、研究所から、最新科学技術が集まった感じでした。

このドラえもんの科学みらい展、実は、企画が始まったのは3年も前のことだそうです。当初は「科学未来館でドラえもん?」と懐疑的な意見もあったそうです。確かに、科学未来館でキャラクターもの企画展はあまり記憶にありません。しかし、そこを企画者の熱意で実現まで漕ぎ着けたそうです。

ちなみに、会場はオープン当初は平日でも30分待ち、今も週末は最大90分以上待ちだそうです。これから夏休み本番、さらに人気が高まるかもしれません。

国際ロボット展2009 [レポート]

今月25日~28日にかけて、東京ビッグサイトにて国際ロボット展2009が開催されました。じっくりとは見られませんでしたが、私も行ってきました。

国際ロボット展は2年に1回開かれるロボットの展示会で、もともとは産業用ロボットの展示が中心でした。最近は、産業用ロボットだけでなく、サービスロボットなどの展示も増えてきています。

展示されていたロボットの詳細はRobot Watch等の記事に任せるとして、今年の感想としては、全体的におとなしくなった印象を受けました。不況のせいか、これまで展示の大部分を占めていた産業用ロボットのスペースが減り、大型ロボットのデモンストレーションが少なくなったのがその理由でしょうか。

また、印象的だったのは、小さいお子さんを連れた家族連れの方が来られていて、ロボットがビジネスだけでなく、身近な存在になりつつあるのかもしれません。

「2009国際ロボット展」開幕、テープカットにはロボットも参加 (Robot Watch)
【iREX2009】ココロ、人体型ロボット頭部組立キット、カメラ付き眼球動作ユニット等を出展 (Robot Watch)
【iREX2009】ROBOLINK FORUM 2009 基調講演レポート (Robot Watch)
【iREX2009】富士重工業、「薬剤注入ロボット」「走行プログラム自動生成システム」を出展 (Robot Watch)
【iREX2009】富士通研究所、新型「enon」とロボット用画像処理モジュールを出展 (Robot Watch)
【iREX2009】独フラウンホーファー研究機構、ホームアシスタントロボット「Care-O-bot」をデモ (Robot Watch)
【iREX2009】NEDO、10のロボットとソフトウェア研究を出展 (Robot Watch)
【iREX2009】ヴイストンとアジリングア、音声インターフェイス開発ソフト「GoTalkヴイストン」を発売 (Robot Watch)
【iREX2009】産業用ロボットゾーン・ブースレポート (Robot Watch)
【iREX2009】ウィローガレージ、「PR2」の頭部、ハンドを使ったデモを出展 (Robot Watch)
【iREX2009】アルデバラン、研究用小型ヒューマノイド「NAO」を出展 (Robot Watch)
【iREX2009】イーガー、段ボール製の紙マネキンロボット「D+ropop」を出展 (Robot Watch)
【iREX2009】「黒田節」ロボットや3Dプリンターキット、プチロボキャッチャーも (Robot Watch)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

テオ・ヤンセン展 [レポート]

またしても、2ヶ月以上、更新の間が空いてしまいました。前回の更新後、急激に仕事が忙しくなり、更新する暇が全くありませんでした。やっと、少しだけ落ち着きました。

さて、今週末の日曜日まで日比谷パティオで公開されているテオ・ヤンセン展に私も行ってきました。

テオ・ヤンセンはデルフト大学で物理学を学んだ後に画家となった人物で、彼が新しい生命の形という「ビーチアニマル」を作り続けています。これは、プラスチックチューブを組み合わせて作られた生物(?)で、風の力を使って砂浜を歩いたりします。おそらく、言葉で書いても想像ができないでしょうから、展示会のHPやYoutubeで彼の作品をご覧下さい。

テオ・ヤンセン展 (公式HP)
Theo Jansen - Kinetic Sculptor (You tube)
Theo Jansen: The art of creating creatures (Youtube)

私が彼の作品と初めてであったのは4年前です。フランスのLille(リール)という町で彼の作品が展示されていました。当時、一見では理解できない複雑な構造、しかし、その構造が生み出す機械的美しさ、さらには砂浜を歩くビーチアニマルにとても衝撃を受けた覚えがあります。

今回の展示会はあと数日で終了ですが、一部の作品は手で触れることもできますし、写真も撮ることができます。週末には全長数mの大型ビーチアニマルAnimaris Modulariusのデモもあるそうです。残念ながら、私はAnimaris Modulariusのデモは見られませんでしたが(幸運にも一部だけ動かしてもらえました)、あれが歩くところは想像しただけでも圧巻だと思います。メカニズムの好きな方にはオススメしたい展示会です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ロボットの制御 [レポート]

今年こそは言いつつ、気が付けば1ヶ月が経ってしまいました。継続って難しいです。

さて、気を取り直して、今日はロボナブルで1月26日から開始された立命館大学 金岡克弥教授の連載を紹介します。

「勝手に制御分析!あのロボットはどう動く・・・?」
プロローグ 「スパロボの世界からロボット制御工学の世界へ!」
(ロボナブル)

ロボットの制御理論というと、アームロボットを使って、構造をモデル化、難しい数式を展開していくというイメージがあります。しかし、この連載では

「本連載は、ロボット制御工学の重要さと難しさ、難しさと表裏一体の面白さを、一般の方に理解してもらうことを目的としています。」

とあるように、スーパーロボット、SFという有名な題材を使って、制御工学のおもしろさを理解するところに主眼が置かれているようで、専門知識がなくても楽しめそうです。次回以降どんな連載になっていくのでしょう。

余談ですが、こちらでは、ロボットに対する情熱、熱さも話題になっています。私は書き出しより、
「時代はいよいよスーパーロボットに向かっているのです。 」
という一言にいちばん情熱を感じました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

大ロボット博 その3 観覧記 [レポート]

本日、大ロボット博に行ってきました。今日は開幕後最初の週末なうえ、昨日とうって変わって好天気とあり、大変多くのお客さんが来ていました。私が言ったときも入場制限をしており約1時間待ちという状態。ステージデモは時間と回数が限られているので注意が必要です。国立科学博物館携帯サイトでは混雑状況を公開しているので、うまく活用するとよいと思います。

国立科学博物館 携帯サイト

さて、内容ですが、会場はそれほど広くはなく、その中にアニメマイクロロボット、ヒューマノイドロボット、家庭用ロボット、レスキューロボット、介護ロボット、産業用ロボット、からくりと幅広いジャンルから代表的なロボットが集められていました。

この幅広さは最近のロボット展では珍しく、代表的なロボットを網羅しているように感じました。個別のロボットに関する解説、感想は、大ロボット博の公式サイトでも紹介されていますし、これから見に行く方の楽しみでもありますので、ここでの詳細は割愛させて頂きますが、ロボットの世界がここに凝縮されているという感じで、とても楽しむことができました。

その一方、多種多様なジャンルをカバーするために、各ジャンルのロボットが限られてしまった部分もありました。ここは、トレードオフの関係なのでしょうがないですね。

ステージデモはほぼ週替わりのようで、今日は東北大学のダンスパートナーロボットPBDRが見られました。内容はメイキングビデオにロボットの紹介、ロボット単独のダンスと竹田氏との共演。最後は、PBDRのスカート部分を取り外して内部公開と盛りだくさんの内容で、私も大満足のデモでした。来週末(11/3、4)は早稲田大学のフルート演奏ロボットのデモが見られるそうです。これもどんなデモになるのか楽しみですね。

展示の最後は第2会場のASIMOなのですが、ここでトラブル発生。ASIMOのデモは30分に1回と頻繁に行っているのですが、来場者が多かったこと、ステージデモの直後は特に多くの来場者が殺到することが重なり、1時間待ち+立ち見。そのあとの予定があったこともあり、やむを得ずASIMOのデモは諦めました。また、ASIMO待ちの行列と観客の動線が重なるところがあったのは残念。ほぼ全員がASIMOを見るのであれば、入館時に整理券を配るなどの対応もできるのではないかと思いました。

最後にトラブルはありましたが、総じて私にとっては満足度の高い展示会でした。いろいろなロボットを見てみたいという方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

第25回日本ロボット学会学術講演会 [レポート]

早いもので今年ももう10月。相変わらずの遅い更新で申し訳ありません。さて、今年も9月13日~15日に日本ロボット学会の学術講演会がありました。25回目となる今年は千葉工業大学の津田沼キャンパスでの開催でした。

第25回日本ロボット学会学術講演会

残念ながら、今年は都合がつかなくて参加できなかったのですが、展示ブースと一般公開セッションの様子がRobot Watchで掲載されていたので、紹介したいと思います。

第25回日本ロボット学会学術講演会 展示ブースレポート (Robot Watch)
ペットボトルロボからゾウリムシロボまで、研究者がロボティクスを解説!
~第25回日本ロボット学会学術講演会一般公開セッション(その1)
 (Robot Watch)
未来のロボット技術を占うアカデミックロードマップ
~第25回日本ロボット学会学術講演会一般公開セッション(その2)
 (Robot Watch)

なかでも、一般公開セッション(その1)で紹介されている「ロボティクス若手ネットワークオープンセミナー」~「君と共に、ロボティクスが拓く未来」では、実用化された(こなれた)技術というより、進化中の先端技術が紹介されていたように思えます。しかも、4人の研究者の方向性が全く違うところに、ロボット技術の幅の広さとおもしろさを感じました。

こういう記事を見ると、行けなかったこと、生で話を聞けなかったことがますます残念に思えます。来年もこういうおもしろそうな企画を期待したいです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ロボットミュージアム その2 [レポート]

10月12日に名古屋の栄にロボットミュージアムオープンしましたが、昨日、私も遊びに行ってきました。

ロボットミュージアム

ロボットミュージアムは大きく分けて4つのブロックに分かれていて、ロボットが関連するのはROBOTHINKとロボット未来デパートメント。まずは、ROBOTHINKから見てきました。

ROBOTHINKの1階は企画展でドイツで活動しているrobotlab展。産業用ロボットを使った展示していて、ホワイトボードにお客さんのシルエットを描いたり、モータ音による演奏をしたりしています。しかし、それほど大きなインパクトはなく、むしろ物足りなさを感じました。

2階はテーマ展示のロボットクロニクル。こちらは静態展示で、紀元前のタロスから現代のパーソナルロボットまで、ロボットの歴史を追うことができます。また、コレクションウォールではブリキロボットなど、ロボット玩具の歴史も見ることができます。また、早稲田大学のWABOT-1、HONDAのASIMOも並んでいました。ただ、歴史とはいえ、SFやアニメの世界と現実のロボットが並んでいて、終盤はまとまりがない感じがしました。

続いて、ロボット未来デパートメント。こちらはロボット関連グッズ(ロボリアやパロまで売っていました)や科学関連グッズ(HOME STARやスペースシャトルもの)などが所狭しと並んでいます。プラモデルやフィギュアなどトイも多い印象でした。

いずれのスペースも大人よりも子供が多く見に来ていて、ロボットに特化した常設ミュージアムは盛り上がりを見せていました。特に、ロボット未来デパートメントは入場無料ということもあって、多くのお客さんが買い物を楽しんでいました。特に子供が目を輝かせながら、展示物を見入ったり、お父さん、お母さんにおねだりしている様子を見ると、彼ら・彼女らに強いインパクトを与えているのだと感じました。

しかし、個人的には、ROBOTHINKは物足りなさを感じずにはいられず、1300円という入場料はもう少し安くなるといいと思います。あと、動態展示が増えるとより幅広い層にインパクトを与えるのではないでしょうか。

いずれにせよ、名古屋の繁華街の一等地に建つミュージアムですから、好立地条件を生かして、さらに盛り上がってほしいですね。

なお、オープン直前の内覧会の様子がRobot Watchでも紹介されています。
「ロボットミュージアムin名古屋」内覧会開催、12日オープン (Robot Watch)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アキバロボット運動会 [レポート]

今月3日~5日の3日間、秋葉原のUDXビル2階のAKIBA SQUAREにて、アキバロボット運動会が開催されました。3日の夕方のニュースでも放送されていたので、テレビで見た方も多いのではないでしょうか。そのときの様子がRobot Watchに掲載されました。

「アキバロボット運動会2006 ~ロボットに触れ楽しむ3日間」開会式 (Robot Watch)
アキバロボット運動会2006レポート (Robot Watch)

昨年は文化祭ということで、展示や講演がメインのイベントでしたが、今回は日替わりで一般参加型のロボット競技会がメインイベントだったようです。それ以外にもアクトロイドDER-2やApriAlpha、CHRISなど昨年の愛・地球博で公開されたロボットをはじめとした多くのロボットがデモ、展示されていたようです。

ロボット競技としては、ロボット紅白玉入れ合戦、ロボット大玉ころがし、ロボット障害物競走、ロボット生き残り合戦の5種目からなる「第1回 ツクモCUP ロボット・アスリート大会」、ROBO-ONE形式の「第1回ツクモ CUP ロボット・バトル大会」、2足歩行ロボット同士のサッカー大会である「第1回 KONDO CUP in アキバロボット運動会」が行われたそうです。

この中で気になったのは1/100スケールのνガンダムにサーボを組み込んだロボットです。動画で紹介されていますが、本来の外観を損なうことなく歩けるようにした技術は素晴らしいと思いました。

最後に、記事を見ていると今年のアキバロボット運動会は、昨年よりも大いに盛り上がったようで、風邪をひいて見に行けなかったことが、今さらながら残念です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国のロボット [レポート]

ここ最近、経済が好調な中国ですが、ロボット技術に関しても伸びてきているように感じられます。気になるロボットでも以前に、北京理工大学のヒューマノイドロボット匯童を紹介しましたが、そんな中国のロボット技術に関して興味深い記事があったので、紹介したいと思います。ひとつ目がITmediaによる中国科技館と上海科技館の見学記です。

北京と上海の科学館で中華ロボットに会う (ITmedia)

こちらの記事では、中国のロボット技術としてイヌ形ロボット、オーケストラロボット(@中国科技館)が写真付きで紹介されています。オーケストラロボットの指揮者ロボットは見てみたい気がします。興味深いのは記事の最後にある「中国とロボット」の部分。中国におけるロボット産業、技術、愛好家の現状がまとめてあり、普段、なかなか知ることのない他国の現状を感じることができました。

そして、ふたつ目がbaby touchさんがIROSに参加された際に立ち寄られた2006 中国国際机器人展覧会(China Robot Expo)の見学記です。

ロボットニュース【2006 中国国際机器人展覧会のロボット達】 (Robot.Mとの優雅な平日)

こちらの記事では中国版ジェミノイドといえるような人間そっくりなロボットが展示されていたそうです。ネット調べてみると、西安超人彫塑研究院という会社が作ったロボットで、同研究院の鄒人倜院長をモデルにしたロボットだそうです。確かに、写真を見ると一瞬、人間とロボットの区別がつかないですね。

各国のロボットが集合 北京でロボット研究会議 (チャイナネット)
《鄒人倜》與鄒人倜 (科報網)

他にもセリーヌ・ディオン・ロボット(?)、や周恩来ロボットが展示されていたということですが、人間そっくりなヒューマノイドロボットが流行なのでしょうか。


(10月25日追記)
baby touchさんからのコメントで予告されていました記事がRobot Watchにて公開になり、2006年中国国際机器人展覧会の様子が多数の写真、動画を交えて紹介されています。いちばん多かったロボットは人間そっくりなヒューマノイドロボットではなく、ホビー・教育向けのロボットキットだったようです。

『先行者』から6年、中国のロボットは今 (Robot Watch)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

こども未来博 [レポート]

7月29日~8月20日まで札幌の月寒グリーンドームで開催されていたこども未来博ロボットゾーンに関するレポート記事がRobot Watchに掲載されました。

夏休みロボット展示会「こども未来博」レポート (Robot Watch)

公式HPのロボットゾーンのページには16体のロボットが紹介されています。全てのロボットが全日程で参加していたわけではありませんが、顔ぶれは豪華で、昨年の愛・地球博プロトタイプロボット展を彷彿とさせます。Robot Watchの記事を見ると、公式HPで紹介されているロボット以外にも多くのロボットが参加していたみたいで、賑やかな雰囲気を感じさせます。羨ましいと思ったのは、これらのロボットが間近で見られること。大きな展示会では、安全確保のためにロボットと観客の距離が離れてしまい、ロボットの迫力が伝わらないことがありますが、こども未来博ではシーラカンスロボットの口の中が見えるほど近くに寄れたようです。

最後に、こども未来博事務局ブログで、こども未来博の準備から撤収まで裏側を見ることができます。舞台の表側だけでなく、こういったところまで公開しているのも、おもしろくていいですね。

こども未来博事務局ブログ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アムラックス・ロボット博覧会 その2 [レポート]

今月5日、東京池袋アムラックス東京で開催されているアムラックス・ロボット博覧会に行ってきました。

ロボットの展示はアムラックス東京の地下1階から4階までの各フロアに分散されていました。地下1階はトヨタパートナーロボットによるデモステージとVisiON TRYZとVisiON NEXTAによるPK戦の会場になっています。1階にはロボぴちょんくんのデモステージがあります。デモが行われていたのはこの2フロアで、デモ時間になると多くのお客さんが集まっていました。

私が訪れた日は、トヨタ・パートナーロボットとi-unitによるコラボイベントと銘打たれていたので、そのデモ内容に期待していたのですが、トヨタ・パートナーロボットは腰の部分で固定され、歩けない状態でした。腕を動かしたり、トランペットを演奏したりはしていました。もちろん、ロボットによるトランペットの演奏デモも十分素晴らしいのですが、率直な感想としては、愛・地球博で歩き回っていただけに、歩かないデモにはがっかりしました。

また、地下1階から4階まで各フロアに、ロボットアスリートやホビーロボット、ロボット玩具などがケースに入った状態で静態展示されています。静態展示は小型ロボットが多く、さらに、簡単な説明ボードが置いてあるだけで、説明もほとんどなかったため、寂しい感じでした。ロボットを見ているお客さんも少なく、盛り上がりには欠けていたのが残念でした。

最後に、同日、森山氏も博覧会を訪れたようで、Robot Watchにレポートが掲載されています。

アムラックス・ロボット博覧会開催中 (Robot Watch)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

Robot Watch 創刊 [レポート]

本日、インプレスグループImpress Watchシリーズ)にRobot Watchが創刊されました。

Robot Watch

創刊時記事は4本。近藤博俊氏(近藤科学株式会社)、高本陽一氏(株式会社テムザック)へのインタビューに加え、先週末に公開されたHRP-2mチョロメテ、KHR-2HVの記事が掲載されています。

これまで、Watchシリーズでロボット関連の記事はPC Watchで掲載されることが多かったですが、これからはRobot Watchに集約されるのでしょう。これからどんな記事が公開されていくか、とても楽しみにしています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

EMIEWのショー [レポート]

今月6日~12日の1週間、千葉県浦安市のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのロビーで日立製作所EMIEWとシェラトンのマスコットペントンによるショーがあったそうです。

日立ヒューマノイドロボット「EMIEW」がシェラトン・ホテルでショーを実施 (プレスリリース)
日立、ヒューマノイドロボットEMIEWによるホテルショーを開催 (PC Watch)

ショーは1回15分で1日2回。PC Watchの記事によると、ペントンがホテルマンの先生役で、EMIEWがそれを習うという感じだったようです。記事を見て、一瞬、ペントンもロボットかと思いましたが、ペントンは着ぐるみだそうです。EMIEWは、音声認識や画像認識による人とのインタラクションをベースにしたパートナーロボットですが、愛・地球博でも日立グループ館の前でパフォーマンスショーをしたりと、エンターテイメントでも活躍していますね。

ところで、森山氏が3月10日の日記で、EMIEW、ペントンから感じたこととして視線、主体について、

「我々は「動き」から何らかの信号を読み取っており、そこから相手と意志疎通ができているかどうかを判断している。それはなんなのだろう? おそらく、ちょっとした動きのタイミングや、緩急の付け方なのだろうが。」

と書かれていますが、私はそれだけではないと思っています。つまり、単純に人間の動きをマネるだけでは視線は生まれないと思います。なぜかというと、視線は自分と対象者の両者の関係性によって生まれるのですから、一方についてのみ語るのではなく、両者の関係性に着目する必要があると思われるからです。例えば空間的または認知的な距離や時間における同調や引き込みに、それを解く鍵があると思います。

参考
東京工業大学 三宅美博研究室
岡山県立大学 渡辺富夫研究室


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

新型ASIMO 一般公開 [レポート]

昨日5日、Hondaウェルカムプラザ青山で新型ASIMOの一般公開がありました。

ホンダ、新型ASIMOを初めて一般公開 ~ASIMO体操も披露 (PC Watch)

新型ASIMO一般公開 (ロボコンマガジン編集部員日記)

新型ASIMOとは、もちろん昨年末に発表された速く走れるようになったASIMOのこと。ホンダのCMにも年明け頃から出演していますね。今回の一般公開のニュースですが、事前に一部のニュースサイトで紹介されていたこともあり、注目度は高かったようです。私も見に行きたかったのですが、風邪を引いて行けませんでした。

さて、デモの方は、従来型ASIMOによるホンダヒューマノイドの紹介、新型ASIMOによるワゴン押し、スラローム走行、お客さんの案内、ASIMO体操など。かなり充実のデモだったようです。

記事の写真を見ると、会場の方は満員だったようです。特に、小さなお子さんが多くきていて、ASIMOへの人気の高さ、期待の高さがうかがえます。ところで、PC Watchの記事の最後に、

「なかには不思議そうな顔でASIMOを見つめている子どももいた。ヒューマノイドは子どもの目に、どのように見えているのだろうか。」

とありますが、私も同感です。友達に見えたのでしょうか、それとも、怖いモノに見えたでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の15件 | - レポート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。