So-net無料ブログ作成

DARPA Robotics Challenge (DRC) [ロボット]

ご無沙汰しています。完全な不定期更新になってしまいました。

さて、アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)、自動車の自動走行を競うロボットカーレースとして、これまでに3度のDARPA Grand Challengeを主催してきました。

第1回の2004年、第2回の2005年は砂漠横断レース、第3回の2007年は市街地レースで確実にロボットカーの技術は向上してきました。そのDARPA Grand Challengeの第4弾として、今度はロボットによる競技DARPA Robotics Challenge (DRC)の開催が、4月10日に発表されました。

DARPA Robotics Challenge (DRC) (DARPA)

DRCの目的は災害現場における複雑なタスクを達成できるロボットの開発です。ソフトウェア部門、ハードウェア部門があり、後者のミッションには8種類が発表されています。
1. 作業車の運転
2. がれき内の移動
3. 通路のがれき除去
4. 建物へのドアの開閉と侵入
5. はしごの移動と工場内通路の横断
6. 工具によるコンクリートパネルの破壊
7. ガス漏れパイプのバルブ閉め
8. 冷却ポンプ等の交換

つまり、がれきが積もっている極限環境を自律的に移動して、工具を使って事故からの回復となります。開発期間は実機部門の場合Phase 1が15ヶ月、Phase2で27ヶ月となります。また、ソフトウェア部門の結果によって、Boston Dynamics社のPETMANをベースにしたロボットハードウェアが提供されるようです。

この裏には福島の原子力発電所の事故があると言われています。同事故ではロボットは内部を一部観察することはできましたが、人に変わって作業したり、有効に活躍することはできませんでした。災害や事故による極限環境での作業、これを人に変わって実行するロボット技術の開発は、アメリカも人ごとではないと考えいるのでしょう。

このイベントは世界的にロボット技術を競う大会になるでしょう。日本からチームが出場して、日本チームが見事に優勝してくれることを期待したいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。