So-net無料ブログ作成

国際ロボット展2011 [レポート]

11月9日(水)~12日(土)の4日間、東京ビッグサイトで国際ロボット展2011が開催されました。国際ロボット展とは、2年に1回開催される展示会で、産業用ロボットからサービスロボットに加え、センサやアクチュエータなどの要素部品まで展示される国内最大級のロボットの展示会です。

今年も多くのロボットが展示されていましたが、前回にも増して、サービスロボットや大学のロボットの展示スペースが増え、全体の1/3程度を占めていました。逆に産業用ロボットのスペースは少し縮小された印象です。

産業用ロボットとしては、安川電機、FANUC、川崎重工、NACHI、KUKAが大型のロボットを実演していて、その動きは迫力がありました。これらの企業に加え、DENSOやヤマハ発動機が中~小型のロボットアームを川田工業がNEXTAGEを展示していました。

サービスロボットとしては、トヨタのパーソナルロボットとして、片麻痺患者用歩行アシストロボット、移乗支援ロボットや、ホンダの歩行アシストロボットなど、歩行支援のためのロボットが目立ちました。また、大学を中心に災害地での探索ロボットが多かったのが印象的でした。

次回は2013年。次の2年間でロボットがどんな進化をするのでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。