So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラえもんの科学みらい展 [レポート]

6月12日(土)からお台場にある日本科学未来館で始まったドラえもんの科学みらい展に行ってきました。

このイベントは、ドラえもんに登場するひみつ道具について、現在の科学技術でどこまで実現できるかを紹介した企画展です。詳しい内容はここでは割愛しますが、タケコプターやガリバートンネル、透明マントなどのひみつ道具の実現に迫っていて、一部は実際に体験することもできます。私はゲットできませんでしたが、会場ではハンディ端末による音声ガイドで詳しい解説も聞けます。

残念ながら、21世紀である今の技術では、22世紀からやってきたドラえもんの技術には追いつけませんが、このままいけばと思わせる道具もありました。「ロボット」ではなく、「ひみつ道具」にフォーカスを当てたことで、まさに日本中の大学や企業、研究所から、最新科学技術が集まった感じでした。

このドラえもんの科学みらい展、実は、企画が始まったのは3年も前のことだそうです。当初は「科学未来館でドラえもん?」と懐疑的な意見もあったそうです。確かに、科学未来館でキャラクターもの企画展はあまり記憶にありません。しかし、そこを企画者の熱意で実現まで漕ぎ着けたそうです。

ちなみに、会場はオープン当初は平日でも30分待ち、今も週末は最大90分以上待ちだそうです。これから夏休み本番、さらに人気が高まるかもしれません。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。