So-net無料ブログ作成

パーソナルモビリティ U3-X [ロボット]

10日ほど前のニュースになりますが、9月24日、本田技研工業株式会社が新型パーソナルモビリティ U3-Xの開発を発表しました。

人との調和を目指した新たなパーソナルモビリティ技術を開発 (プレスリリース)
ホンダ、新型パーソナルモビリティ「U3-X」発表 (Robot Watch)

U3-Xは一輪車のような本体に腰掛けて乗る一人乗りのモビリティです。大きさは全長315mm×全幅160mm×全高650mm、重量は10kg以下。1時間の走行が可能になっています。

U3-Xの最大の特徴はその駆動方式です。一輪車型ということで、前後方向は倒立振子によってバランスを保っているのですが、左右方向への移動も可能にするため、新たにHOT Drive System (全方位駆動車輪機構)が開発されました。

これは、一輪車の基礎となる大径車輪を、複数の小径車輪を一列につなぎ合わせて作った車輪です。これだけですと、オムニホイールと似ていますが、オムニホイールが左右方向へ受動的にしか移動できないのに対し、HOT Drive Systemは左右方向へも車輪を動かすことができます。これによって、前後左右斜めと全方位へ自由に移動することが可能になったのです。ただ、構造上、回転だけはできず、足をついて向きを変えないといけないそうです。

これは新しいモビリティとしてとても興味深いですね。キャスター付きのイスに乗ったまま移動するような感覚なのでしょうか。それでいて、Segwayのように場所をとらないので、幕張メッセのような広い展示場や空港内の移動には便利そうです。

一般への公開は、U3-Xは10月24日(土)から幕張メッセで開催される第41回東京モーターショー2009で出展されるそうです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。